株式会社 理論社

つる花の結び 下

つる花の結び 下

長雨の夜に語られた女性談義で、若い源氏はさまざまな女性の魅力を知りたくなります。夕顔、空蝉、末摘花と、逢瀬を重ねた中流階級の女達の流れが一気に読める上・下巻です。荻原源氏、五十四帖全帖完訳。下巻・巻末に三田村雅子さんの解説。

編集者コメント

「勾玉シリーズ」「RDGシリーズ」など、若い人に支持を得ているファンタジー作家の新たな試み。読みやすく、三つの系統に分け再構築した画期的な源氏。54帖完訳です。

シリーズ
対象
小学校高学年, 中学生〜, 一般
著者
紫式部
君野可代子
訳者
荻原規子
価格
1,700円+税
ISBN
978-4-652-20259-3
サイズ
四六上製
発行
2018年06月
ページ数
368ページ
NDC
913
備考

2018年10月号 月刊 歴史街道で紹介されました。

2018年7月24日 毎日新聞 夕刊で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有