株式会社 理論社

みけねえちゃんに いうてみな

みけねえちゃんに いうてみな

この頃元気のないともくん。明らかにSOSが出ているのに、その理由を誰にも話せないでいるみたい。どうやら、学校の宿題「自分の名前の由来」のことで傷ついてしまっているようなのですが……。みけねえちゃん、出番です。

編集者コメント

広くない人間関係の中で、こどもたちは、いちばん近しい大人の言動に傷つき、けれどその傷の正体がわからないまま、自分だけで抱えてしまうことがある。そこに、こどものためにという大義名分や無自覚に優先された大人の都合があると、自分のせい?とこどもは自分を責め、傷は深まる。その時にそれを自分以外に手放すことで、紛れもない「ほんとう」を誰かと共有することで、自分に似合う重さの荷物にしてつきあってほしいと願う。

対象
小学校低学年, 小学校中学年
著者
村上しいこ
くまくら珠美
価格
1,200円+税
ISBN
978-4-652-20287-6
サイズ
21cm×18cm
発行
2018年11月
ページ数
63ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有