株式会社 理論社

シュトルム ショートセレクション みずうみ

シュトルム ショートセレクション みずうみ

市井の人々の深い人間関係を色濃く描いた、ドイツ・詩的リアリズムの代表的作家、シュトルム。もの悲しくも美しい追憶の世界が繰り広げられる『みずうみ』ほか、人間の心の機微が楽しめる短編4篇を厳選して新訳でお届けする。

編集者コメント

手軽に人と人がつながることができなかった時代に、シュトルムによって描かれた、市井の人々のひときわ深くいとおしい人間関係は、色濃くさまざまな面相を見せる。繊細で美しくどこかもの悲しさや諦念を感じる「みずうみ」、社会で生じる軋轢に光を当てた「人形使いのポーレ」、滑稽さが滲み出る「リンゴが熟したとき」、幻想的でユーモラスな「雨の精トルーデ」。読者は人間の心の機微に向かう本能が呼び起こされることだろう。

シリーズ
,
対象
小学校高学年, 中学生〜
著者
テオドール・シュトルム
ヨシタケシンスケ
訳者
酒寄進一
価格
1,300円+税
ISBN
978-4-652-20334-7
サイズ
B6判
発行
2019年11月
ページ数
223ページ
NDC
943
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有