株式会社 理論社

ホートン・ミア館の怖い話

ホートン・ミア館の怖い話

19世紀のイギリス。孤児になった少年マイケルは、謎の後見人が住むホートン・ミア館でクリスマスを過ごすことになった。館には、スティーヴン卿と、美しい妹シャーロットが暮らしていた。やがて、マイケルはこの館をさまよう幽霊を見るようになる。そして、この館に伝わる悲しく恐ろしい物語を知らされていく。

編集者コメント

少年時代に、コナン・ドイル、アガサ・クリスティ、スティーブンソンなどの探偵小説や冒険小説を夢中になって読んだという作者プリーストリー。好評の「モンタギューおじさんの怖い話」シリーズにつづく新作は、まさに英国風の長編ゴシックホラーです。呪われた館をめぐる超・怖い話を、お楽しみください。

シリーズ
対象
小学校高学年, 中学生〜
著者
クリス・プリーストリー
訳者
西田佳子
価格
1,600円+税
ISBN
978-4-652-08005-4
サイズ
四六判
発行
2012年12月
ページ数
288ページ
NDC
933
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有