株式会社 理論社

大造じいさんとがん

大造じいさんとがん

群れの頭領「残雪」の賢さから、狩人の大造じいさんは、がん狩りがうまくいかなくなります。ある日仲間をはやぶさから助けようとした残雪を、一度は狙うも逆に助けたのです。そして、「おれたちは また どうどうと たたかおうじゃあないか」と、しとめたくてしかたがなかったはずの相手が、とびさるすがたを見まもりながら、大きな声でよびかけるのでした。狩人と雁の、敵味方の関係をこえた、あつい交わりをえがいたお話です。

編集者コメント

国語教科書(小学校五年生)の共通教材でもある『大造じいさんとがん』。昭和16年に書かれたこの作品は、戦争という死を賛美さえする世にあっても動物に託すことで屈さずに、椋鳩十が「命の重み」をこどもたちに伝えたくて書いた作品です。そのため「生きること」への切実な想いがどこにもにじんでいます。本質を描いた椋作品を低学年からも味わってほしいと、気鋭の画家が全力で絵を描き、絵本化したシリーズの第1作目です。

対象
小学校低学年, 小学校中学年, 小学校高学年
著者
椋鳩十 / 作 
あべ弘士 / 絵
価格
1,500円+税
ISBN
978-4-652-20234-0
サイズ
A4変
発行
2017年12月
ページ数
32ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有