株式会社 理論社

金色の足あと

金色の足あと

くさりでつながれた子ギツネのために、えさやお乳を与えようとする親ギツネたちの深い愛情と知恵に、正太郎少年はしだいに心動かされていく。

 

目次

金色の足あと
山へ帰る
岩あなのサル
野生のさけび声
おりの中のサル
金色の川
新しいふるさと

シリーズ
対象
小学校中学年, 小学校高学年
著者
椋鳩十
小泉澄夫
価格
1,800円+税
ISBN
978-4-652-02275-7
サイズ
A5変
発行
2010年08月
ページ数
152ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有