株式会社 理論社

『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』刊行記念 ~岡田淳の世界~&オンラインイベント開催のお知らせ@ジュンク堂書店池袋本店

どこかにあるかもしれない不思議な森を舞台にした人気シリーズ『こそあどの森の物語』。全12巻完結から4年、待望の番外編『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』誕生を記念してジュンク堂書店池袋本店にて『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』刊行記念~岡田淳の世界~を開催いたします。

フェア名:『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』刊行記念~岡田淳の世界~

日時:2021年4月29日~6月下旬
場所:ジュンク堂書店池袋本店8階児童書コーナー
営業時間:10:00-22:00*営業時間に変更がある可能があります。店舗へご確認くださいませ。

住所:〒171-0022 東京都 豊島区南池袋 2-15-5
TEL:03-5956-6111

「こそあどの森の物語」シリーズはもちろん岡田淳さんの著作物を一挙に集めております!また貴重な『こそあどの森の物語』シリーズの原画展示や数量限定で直筆サイン本も数量限定でご用意しておりますので、お早めにお求めください。

*こちらは5月末までの展示です。

また6月より原画展示内容を以下のように変更いたしました。今回はカラー原画多数展示しております!

是非みなさま何度でもお越しください♪

 

また今回の刊行記念し、ジュンク堂書店にてオンラインイベントを開催いたします。

イベント名:岡田淳「こそあどの森の物語」トークイベント──すぐそばにあるかもしれない不思議な世界──

日時:2021年6月19日(土)14:00~

イベント内容:ファンタジー作家として子どもから大人まで広く愛される岡田淳さんの「こそあどの森の物語」シリーズは、1994年の発刊以来、野間児童文芸賞や国際アンデルセン賞オナーリストに選ばれるなど高い評価を受け、版を重ねる人気シリーズです。
トーベ・ヤンソンの「ムーミン谷」のように、不思議なひとたちが暮らす「こそあど」の森は、「ここ」か「そこ」か「あそこ」か「どこ」かわからない、けれど足元にあるかもしれない身近な異世界です。
番外編として書かれた今年4月の新刊『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』はシリーズ初の短編集。森に暮らすおとな5人が、自分のちいさい頃の不思議な出来事やおかしな体験を、スキッパーたち子どもに語ります。今回の番外編を書くにあたって、岡田さんは5冊のスケッチブックを用意し、森のおとな5人それぞれの子ども時代をスケッチしながらイメージをふくらませたそうです。ユニークなおとなたちはどんな子どもだったのか? そのスケッチをお見せしながら、5人5様の話の背景や、長年にわたる登場人物と作家とのつき合い、更にストーリーテラーとしての物語作りの秘訣など、縦横に語っていただきます。

参加費:1500円

*ただし書籍(サイン本)とご一緒に申し込みされますと、合計2600円になります!

大人から子どもまで楽しめるイベントです、是非ご参加くださいませ。

詳しくはこちら

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有