株式会社 理論社

山本容子銅版画展 詩画集 プラテーロとわたし@サクラアートミュージアム

詩画集 プラテーロとわたし』(J.R.ヒメネス 著/波多野睦美 訳)で、

山本容子さんが描かれた銅版画の展示が行われます。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

山本容子銅版画展  詩画集プラテーロとわたし

会場:サクラアートミュージアム(大阪市/サクラクレパス 本社1階)

会期:2022年4月19日(火)~5月15日(日)10:00〜17:00    ※休館:月曜日

入場料:無料

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

※4月30日の「トークイベント&コンサート」は満席となりました

※詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

『詩画集 プラテーロとわたし』は、スペインの詩人ファン・ラモン・ヒメネスの散文詩と、山本容子の銅版画とが織り成す美しい作品集です。本展では、同書に掲載された銅版画の原画を展示します。

この散文詩にはギターと朗読のために作曲された28曲があります。この28曲は、会期中の4月30日に開催されるトークイベント&コンサート(事前申込制)で演奏されます。山本容子(トーク)、波多野睦美(歌と朗読)、大萩康司(ギター)による〈詩と音楽と絵〉が一体となった素晴らしい詩画集の世界をご堪能下さい。

 

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有