株式会社 理論社

田島征三さん初の童話作品「もりモリさまの森」刊行記念トークイベント開催

8月30日(火)、台風接近が心配されましたが、多くの皆さんにお越しいただきました。

原画をご覧になりながら語り合う田島さんとさとうさん

左から 画家 さとうさん、著者 田島さん、ブックデザイン 成瀬さん

下記イベントは終了致しました。

2016年8月30日(火)19時半より、ジュンク堂書店池袋本店4階喫茶コーナーにて『もりモリさまの森』刊行記念 田島征三さん トーク&サイン会「森の生き物たちに代わって、話しましょう!」が行われます。

絵本作家 田島征三さん初の童話作品「もりモリさまの森」は、1996年に書き始められた童話です。
当時、東京西多摩郡日の出町に住んでいた田島さんは、巨大処分場の建設に反対する活動に身を投じていました。
以来20年、森の動物たちの視点、人間の子どもの視点から、今の私たちのくらし方について考えながら、子どもたちが大いに楽しめる童話作品がようやく結実しました。
作品への思いや、今回さし絵を描かれたさとうなおゆきさんとの20年前の出会いについてなど、貴重なお話をうかがいます。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有