株式会社 理論社

田島征三氏講演会“森の生き物たちからの伝言”開催されました。

晴天に恵まれた8月31日(水)、教文館ナルニアホールにて田島征三さんのトークショーが行われました。

「もりモリさまの森」を描き始めてから20年。
今江祥智さんに最初に原稿を読んでもらったときから、2016年7月にこの本が刊行されるまでのことを語ってくださいました。
人間という立場から解放されて、生き物として、四つん這いになって肉球で腐葉土の上に積まった落ち葉を踏みしめている自分、他の生き物の臭いを嗅ぎ分ける力を持つ自分。
そんなリアリズムが、物語を引っ張っていったのだという、貴重なお話でした。

「日の出の森からの新聞」第8号には、「もりモリさまの森」にさとうさんが絵を描いてくださることになったいきさつが書かれています。

大病を越えて、渾身の絵を描いてくださったさとうなおゆきさん。

下記イベントは終了致しました。

田島征三さんが20年の歳月をかけて書き上げられた渾身の一作「もりモリさまのモリ」刊行を記念して8月31日(水)午後2時~3時半 銀座教文館ナルニア国6階、ナルニアホールにて田島征三氏講演会“森の生き物たちからの伝言”が行われます。
講演会終了後には、サイン会も予定されています。 夏休み最後の思い出に、是非お子様もお誘いください。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有