ホーム イベント・ニュース

市川市文学ミュージアムにて「岡田淳“こそあどの森の物語”展〜物語の世界へようこそ!〜」が開催されます。

5月27日(土)〜6月18日(日)市川市生涯学習センター2階 市川市文学ミュージアム企画展示室1・2にて
シリーズ全12巻完結記念「岡田淳“こそあどの森の物語”展〜物語の世界へようこそ!〜」が開催されます。
 

こそあどの森の物語 全12巻

ふしぎな木の実の料理法

まよなかの魔女の秘密

森のなかの海賊船

ユメミザクラの木の下で

ミュージカルスパイス

はじまりの樹の神話

だれかののぞむもの

ぬまばあさんのうた

あかりの木の魔法

霧の森となぞの声

水の精とふしぎなカヌー

水の森の秘密

詳しくは下記のチラシをご覧ください。

このチラシをダウンロードする

第一展示室では原画40点と、キャラクター設定が細かく描かれたスケッチブックや、
『霧の森となぞの声』のプロット、ウニマルの模型等貴重な展示をしています。



第二展示室では、ビック本パネルを展示。本をゆっくり読める広場と、スキッパーやふたごと写真を撮れるコーナーもあります。



さらに1階こどもとしょかんでは『こそあどの森に住むとしたら、どんな家に住みたい?』企画のイメージ画を描く場所も設置しました。

6月10日14時から、ワークショップも実施いたします。
展示会場一番めのお客様は、小学生2年生の女の子とお母さん。
『こそあどの森の物語』は読んだことがなかったけれど、
不思議な出来事が起きた場所が書き込まれた“森の地図”の原画や、
“森に住む人々の家”の原画をみて
『こういうの大好き!』とお母さんに本を読んでもらっていました。

ドーモさんのポストにも、絵を入れてくれました!
(ご了解を得てお写真を掲載させていただきます。)

皆さまも是非、『こそあどの森の物語』の世界を体験してください。

http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1224.html