ホーム よくあるご質問
よくあるご質問

Q. 著作物の利用について、手続きの仕方を教えてください。

  • A.
  • 当社出版物をご利用になる場合、目的により申請が必要です。
    理論社は、著作物の利用許諾の要・不要に関して、(社)日本書籍出版協会の定める ガイドライン を基準にしております。お問い合わせの際、ご参照ください。

▼ 許諾の必要のないもの

  • お話会や読み聞かせなど
入場料や謝礼が発生しないなど営利目的でないご利用の場合、原則として許諾は必要ありません。絵本を見せながら原文のままでご利用ください。(効果音や音楽の演出は可)
ただし、拡大、複製(コピー・プロジェクター・パワーポイントなど)、制作(人形劇、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートなど)で利用する場合は、申請が必要です。

詳しくは→ 〈著作権法第38条 営利を目的としない上演等〉
  • 図書館や各団体が発行する無料の小冊子、webなどへの掲載
当社ホームページに掲載のある本の紹介が目的で、無料の媒体に表紙画像のみ掲載する場合は、許諾は必要ありません。(ホームページの画像データをご利用できます)
<タイトル/著者名/理論社>を明記してご利用ください。
掲載紙ができたら一部郵送でお送りください。
Webの場合は、該当するURLをお伝えください。
ただし、表紙以外の掲載は申請が必要です。
絵を独立させて使用することも、全体でひとつの世界を表現するという作品の価値に反するという考えから、基本的にお断りしております。
  • 学校の授業で複写しての利用
クラスでの授業(研究発表会ふくむ)、学校行事、ゼミ、出席や単位の取得が必要なクラブ活動などでの利用は許諾の必要がありません。
ただし、教科研究会・サークル活動・同好会・学級/学校通信等への掲載などは含まれません。

※複製は1クラス分(約40名分)程度に留め、使用後はすみやかに回収して破棄してください。

詳しくは →〈著作権法第35条 学校その他の教育機関における複製等〉
  • 視覚障害者などを対象とした、さわる絵本、布絵本制作
障害児施設、図書館、学校図書館、養護老人ホーム、障害福祉施設など「福祉に関する事業を行う者で政令で定めるもの※」は、必要と認められる限度において利用することが認められています。
ただし、それ以外の使用については、著作権者の許諾が必要です。

※視覚障害者等のために情報を提供する事業を行う法人のうち、「視覚障害者等のための複製又は自動公衆送信を的確かつ円滑に行うことができる技術的能力、経理的基礎その他の体制を有するものとして文化庁長官が指定する」ものも含みます。

詳しくは →〈著作権法第37条 視覚障害者等のための複製等〉を 
  • 視覚障害者などを対象とした、点訳、拡大書籍、録音テープ制作
障害児施設、図書館、学校図書館、養護老人ホーム、障害福祉施設など「福祉に関する事業を行う者で政令で定めるもの※」は、障害者に対し必要と認められる限度において認められているため、申請は不要です。
ただし、それ以外の方による営利を目的とした使用、またホームページなどでの公開については、許諾が必要です。

※視覚障害者等のために情報を提供する事業を行う法人のうち、「視覚障害者等のための複製又は自動公衆送信を的確かつ円滑に行うことができる技術的能力、経理的基礎その他の体制を有するものとして文化庁長官が指定する」ものも含まれます。

詳しくは →〈著作権法第37条 視覚障害者等のための複製等〉を 

そのほか申請が必要な場合は、(社)日本書籍出版協会の「著作物利用許可申請書」ほかそれに準じた用紙にご記入のうえ、FAXまたは郵送でお送りください。

  • お返事には、著者への確認、社の判断など、回答に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
  • 許諾できると判断された場合でも、使用料が発生する場合がありますのでご了承ください。

▼ 営利、有料で使用する場合および教材関係、メディア関係での利用

営利、有料での利用(観客からの料金や演者への報酬が発生する場合)、または教材関係、メディア関係(TV,ラジオ、出版、広告、インターネットを利用した有料サービス等)の方は申請が必要となります。企画書などと合わせてお送りください。

▼ 著作物利用許可申請書などの送付先/お問い合わせ

理論社 著作権係
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町9-10
FAX:03-6264-8893

  • 上記回答は、あくまでも理論社基準によるものです。他社刊行物に関しましては、他社にお問い合わせください。
  • 海外の翻訳出版作品については、当社に二次的利用の権利はありませんので、お答えできません。

Q. 投稿作品、企画提案は受け付けていますか?

  • A.
  • 現在、当社では、作品の投稿や、企画の提案を受け付けておりません。
    原稿や書類をお送りいただいた場合も返却できかねますのでご了承ください。