株式会社 理論社

お米のこれからを考える 全4巻

お米のこれからを考える 全4巻

1巻では品種が多様化する理由と、品種開発の現場を取材。2巻では品種や産地による味の違い、流通の変化、販売方法、調理法を掲載。3巻では1年間の米の生長と農家の仕事を大きな写真で紹介。4巻では生産量や消費量などのデータと、増加している米加工品を紹介。

セット内容

書籍を購入する

シリーズ
対象
高学年~
著者
「お米のこれからを考える」編集室
価格
12,320円 (本体11,200円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-10208-4
サイズ
A4変型判
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有