株式会社 理論社

お米の品種と産地 どうしていろいろあるの?

お米の品種と産地 どうしていろいろあるの?

お米の種類はとてもたくさんあり、つぎつぎ新しいものが増えています。どんなものがあり、なぜ種類が増えているのか。この本で、お米の品種や産地、収穫量、新しいお米がどうやって生まれるのか(品種改良)がわかります。

編集者コメント

毎日食べる「ごはん」がどんな食べものなのか紹介しています。お米の種類、買い方、調理、米づくりの流れ、加工品など。豊富なデータでお米をとりまく「今」を知り、これからのお米や日本の食卓がどうなっていくのかを考えるためのシリーズです。

シリーズ
対象
小学校中学年, 小学校高学年
著者
「お米のこれからを考える」編集室/編
価格
2,800円+税
ISBN
978-4-652-20275-3
サイズ
A4判
発行
2018年09月
ページ数
39ページ
NDC
616
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有