株式会社 理論社

なきむしこぞう

なきむしこぞう

しずかな夏の夕方、ぬいぐるみのゾウとライオンとキリンは家出をすることにしました。もといた動物園の売店に帰るのです。でも、庭で出会った屋根裏ネズミに持ち主の男の子が3匹がいなくなって大泣きしていると聞き…。いとおしく宝物のような絵童話。

編集者コメント

家出するぬいぐるみたちの会話と行動が、今そこにいない男の子との過ごした時間の豊かさを想起させる。

すぐれた短編小説の趣もあり、幅広い年代におくりたい童話。

シリーズ
対象
小学校低学年, 小学校中学年, 小学校高学年, 一般
著者
今村葦子
酒井駒子
価格
1,500円+税
ISBN
978-4-652-20156-5
サイズ
23×18cm
発行
2016年06月
ページ数
64ページ
NDC
913
備考

2016.7.22 コガモ倶楽部に掲載されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有