株式会社 理論社

ふくろうのオカリナ

ふくろうのオカリナ

ある夜、野原の駅に一羽のひよこが到着しました。朝を探しに来てまいごで泣きだしたひよこに、ふくろうはオカリナを吹いてやります。夜空にひびくオカリナの音色……。やがて朝が近づき、メンドリが野原を駆けてきました。

編集者コメント

明るい月夜から朝に向かう時間を味わう絵本です。まじめさの中にも生きることのおかしみが光り、しみじみした気持ちになります。詩人のことばと、いのちの一瞬を見つめる絵の初のコラボレーション。

書籍を購入する

対象
中学年~
著者
蜂飼耳
竹上妙
価格
1,650円 (本体1,500円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20261-6
サイズ
A4変型判
発行
2018年06月
ページ数
40ページ
NDC
913
備考

2018年7月14日 毎日小学生新聞で紹介されました。

2018年8月 かまくら春秋No.580で紹介されました。

2018年8月11日 西日本新聞で紹介されました。

2018年12月号 月刊書評誌 子どもの本棚で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有