株式会社 理論社

カーたろうとこけしっぺ

カーたろうとこけしっぺ

楽しくひとり暮らしをしている、カラスのカーたろうがある日出会ったのは、なんともかわいい、こけしの「こけしっぺ」。それから楽しいふたり暮らしが始まりました。……と思ったら、もっとにぎやかな暮らしが待っていました。

編集者コメント

こけしっぺとの、ときどき疲れはて、だいたいは嬉しい新生活。カーたろうは子育て(特にワンオペ)中の大人と重なります。そこには著者の「こどもは、どのようでもそのまま受け入れられるべき」という哲学が流れています。カラス仲間の朗らかな参加は社会の救いの道のヒントであるようにも。入り口と出口以外は絵のみで進んでいく本作は、絵をよむのが上手な幼い子といっしょに、どこまでもふくよかで自由な楽しみ方が味わえます。

対象
幼児〜, 小学校低学年, 小学校中学年, 小学校高学年, 中学生〜, 一般
著者
山田 美津子
価格
1,300円+税
ISBN
978-4-652-20303-3
サイズ
B5変型判
発行
2019年02月
ページ数
32ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有