株式会社 理論社

クマのパディントン

クマのパディントン

遠いペルーからやってきたクマの<パディントン>を、駅で出会ったブラウンさん一家が連れ帰ることになりました。お茶のときはクリームでべとべとになり、お風呂ではおぼれかけ、いつもお騒がせなパディントン。でも、この愛すべきクマは、いつのまにか家族の一員です。

編集者コメント

イギリス児童文学の最高傑作といわれる「パディントン」が、絵本になりました。このクマは、いつも騒動を引き起こしてばかり。でも、誰からも愛されます。そんなパディントンの魅力いっぱいのシリーズが、ついに日本でも紹介できることになりました。

シリーズ
対象
幼児〜
著者
マイケル・ボンド
R.W. アリー
訳者
木坂涼
価格
1,200円+税
ISBN
978-4-652-04123-9
サイズ
22cm
発行
2012年09月
ページ数
30ページ
NDC
933
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有