株式会社 理論社

山の太郎グマ

山の太郎グマ

勘太と私と太郎グマは、子どものころから兄弟のように仲良く暮らしてきた。しかし、山おくで野宿をした朝、太郎は大グマとともに消えてしまった。

 

目次

山の太郎グマ
月の輪グマ
母グマ子グマ
アルプスのクマ
あばれグマ金こぶ
クマほえる

書籍を購入する

シリーズ
対象
高学年~
著者
椋鳩十
小泉澄夫
価格
1,980円 (本体1,800円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-02274-0
サイズ
A5変型判
発行
2010年06月
ページ数
150ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有