株式会社 理論社

材木ー丸太と板

材木ー丸太と板

日本は森の多い国です。それぞれの土地でさまざまに日本人は木を利用してきました。

適材適所ーこの道具には、「この木でなければ」の理由があります。

日本人の衣・食・住のすべてに関わってきたさまざまな「木」とその利用例をビジュアルで紹介。

編集者コメント

木とともに培われてきた日本の文化を、自生する樹木とあわせて知ることのできる新しい視点の本

書籍を購入する

シリーズ
対象
高学年~
著者
ゆのきようこ
長谷川哲雄
価格
3,740円 (本体3,400円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20114-5
サイズ
31×23
発行
2015年09月
ページ数
64ページ
NDC
657
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有