株式会社 理論社

江戸っ子漱石先生からの手紙 一〇〇年後のきみへ

江戸っ子漱石先生からの手紙 一〇〇年後のきみへ

「小生は人に手紙をかく事と人から手紙をもらう事が大すきである。」と手紙に書いた漱石。

人情家でまがったことが嫌い、「個人の自由」を尊ぶ漱石。学生、教師、留学生、作家の各時期に書かれた手紙からは、人間漱石の魅力とともに、明治から大正へ移り変わる日本の姿もみえてくる。

目次
はじめに 百代の後に伝えん
第1章 江戸っ子金ちゃん 誕生から学生時代(1867~1894)
第2章 坊ちゃん 熊本へ行く 松山中から五高(1895~1900)
第3章 新世紀の英国ロンドン 下宿に籠城猛勉強(1900~1902)
第4章 小説家でデビュー 一高・東大講師(1903~1906)
第5章 人生 意気に感ず 朝日新聞へ入社(1906~1910)
第6章 漱石山房の日々 明治から大正へ(1910~1914)
第7章 牛のように図々しく 自由と個人主義(1914~1916)
おわりに すみれと明治国家

編集者コメント

夏目漱石が書き送った手紙は残っているだけでも2500通以上にのぼるそうです。小説以上に人間性が伝わる「手紙」をひもとき、生身の漱石にせまります。

書籍を購入する

シリーズ
,
対象
中学生〜, 一般
著者
渡邉文幸
価格
1,300円+税
ISBN
978-4-652-20307-1
サイズ
四六判
発行
2019年07月
ページ数
264ページ
NDC
289
備考

2019年8月3日 しんぶん赤旗で紹介されました。

2019年8月7日 毎日新聞で紹介されました。

2019年9月1日 毎日新聞で紹介されました。

2019年9月号   MORGENにて著者インタビューが掲載されました。

2019年9月2日 東京新聞で紹介されました。

2019年9月24日 静岡新聞で紹介されました。

2019年9月25日 宮崎日日新聞で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有