株式会社 理論社

片耳の大シカ

片耳の大シカ

屋久島の狩人にとって、勇猛な「片耳の大シカ」は、いつか仕留めたい相手だった。あるとき、少年と狩人たちは嵐のなか、命からがら逃げ込んだ洞穴で、「片耳」がひきいるシカの群れとともに冷えた身体を温め合う。自然界に生きるものたちの命への慈しみを描く、椋鳩十動物文学の最高傑作。5作品を収録。

 

目次

片耳の大シカ
山のえらぶつ
底なし谷のカモシカ
栗野岳の主
イノシシの谷

編集者コメント

児童文学者、動物文学者として知られる椋鳩十の作品は、今なお日本の子どもたちに読み継がれています。このシリーズでは、教科書でも紹介されている作品を中心に、代表作を収録しています。長らく刊行が中断しておりましたが、読者のみなさまからの多数のご要望にお応えし、刊行を再開いたしました。

シリーズ
対象
小学校中学年, 小学校高学年
著者
椋鳩十
小泉澄夫
価格
1,800円+税
ISBN
978-4-652-20051-3
サイズ
21×16
発行
2014年04月
ページ数
160ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有