株式会社 理論社

現代語で読む「野菊の墓」

現代語で読む「野菊の墓」

政夫が中学生の時、病気がちな母親を手伝うため、二つ年上の従姉・民子が、家に同居していた。政夫と民子は、幼い頃から大の仲良しだった。しかし、世間体を気にする大人たちに二人の仲を注意され、かえって互いを異性として意識しはじめる。ある秋の日、野菊の咲く道で二人は淡い恋心を伝え合う。

編集者コメント

100年前の作品ですが、幼なじみの二人が、互いを異性として意識していく過程がリアルに感じられます。何世代にもわたってヒロインを変えながら映画化される理由もよくわかる、まさに「初恋物語」のベストセラーです。

書籍を購入する

シリーズ
対象
高学年~
著者
伊藤左千夫
訳者
城島明彦
価格
1,320円 (本体1,200円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-07998-0
サイズ
四六判
発行
2012年09月
ページ数
150ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有