株式会社 理論社

真田十勇士 (5)九度山小景

真田十勇士 (5)九度山小景

関ヶ原で西軍が敗れ、徳川に反抗した真田昌幸・幸村は、罪人として九度山へ幽閉される。一所懸命に守ってきた領地を失った父子は、根無し草のような暮らしをしていた。ある日、九度山に鎖鎌使いの少年が現れる。記憶もない、成長もない、感情もない少年を、幸村は「由利鎌之助」と名付け、真田屋敷に住まわせることにした。シリーズ第5弾。

編集者コメント

大河ドラマでも話題の戦国武将・真田幸村といえば、真田家に仕えた10人の家臣の伝説「真田十勇士」が有名です。個性あふれる忍術使いたちが活躍する歴史冒険小説としてシリーズ化します。

シリーズ
対象
中学生〜
著者
松尾清貴
価格
1,300円+税
ISBN
978-4-652-20136-7
サイズ
四六判
発行
2016年10月
ページ数
232ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有