株式会社 理論社

荻原規子の源氏物語 紫の結び 一

荻原規子の源氏物語  紫の結び 一

●荻原規子さんからのコメント
はじめて原文の「源氏物語」に接した時、早く読めることに驚きました。それまで、いつまでも話が進まない、一文が長くてじれったいほど回りくどい作品が「源氏物語」だと思っていたのです。それは、現代語に直すとき、言葉をあれこれ足さないと成立しないせいでした。もう少し手早く読み進める「源氏物語」がないものかと考えました。
主要な帖を抜粋しただけでも「源氏物語」は十分おもしろいし、むしろ、物語としての整合性があります。まずは光源氏、藤壺の宮、紫の上の一生を知ってほしいという願いをこめて、読みやすくまとめてみました。

●編集者のコメント

ナレーションの部分の敬語を取り外し、和歌を意訳にした事でうまれるスピード感が現代のリズムにあった新しい源氏物語になっています。若い人にぜひ読んでほしい現代語訳です。

シリーズ
,
対象
小学校高学年, 中学生〜, 一般
著者
紫式部
訳者
萩原規子
価格
1,700円+税
ISBN
978-4-652-20033-9
サイズ
四六上製
発行
2013年08月
ページ数
368ページ
NDC
913
備考

2018年7月24日 毎日新聞 夕刊で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有