株式会社 理論社

荻原規子の源氏物語 紫の結び 三

荻原規子の源氏物語 紫の結び 三

女三宮の降嫁により、紫の上は源氏との愛にも世の中にも諦念を持つようになりました。

そして、ひとつの密通事件が物語の様相を変えていきます。

不義の子を抱きながら、源氏は晩年になって巡ってきた宿命を思うのでした。

シリーズ
,
対象
小学校高学年, 中学生〜, 一般
著者
紫式部
訳者
萩原規子
価格
1,700円+税
ISBN
978-4-652-20035-3
サイズ
四六上製
発行
2014年01月
ページ数
336ページ
NDC
913
備考

2018年7月24日 毎日新聞 夕刊で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有