株式会社 理論社

荻原規子の源氏物語 紫の結び 二

荻原規子の源氏物語 紫の結び 二

紫の上を中心に帖(章)を再構成している新しい源氏物語です。都に戻った源氏は紫の上と再会を果たします。明石の君との間に生まれた姫君の入内を進め、並ぶ者のいない栄華を極める中、女三宮という一片の暗雲が物語に影を落としていきます。

編集者コメント

ナレーションの部分の敬語を取り外し、和歌を意訳し、スピード感あふれる若い人につながる新しい源氏物語になっています。勾玉シリーズ、RDGシリーズの荻原規子訳による千年の時を超えた物語です。

シリーズ
,
対象
小学校高学年, 中学生〜, 一般
著者
紫式部
訳者
荻原規子
価格
1,700円+税
ISBN
978-4-652-20034-6
サイズ
四六判
発行
2013年12月
ページ数
352ページ
NDC
913
備考

2018年7月24日 毎日新聞 夕刊で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有