株式会社 理論社

大切な人は今もそこにいる

大切な人は今もそこにいる

災害で大事な人を失う、それはいったいどういうことなのでしょう。
たとえ一人の死であっても家族や恋人などにとってはかけがえのないひとりを失うことです。その死が重なって報道される数となるのです。大災害時代の死を考える。

編集者コメント

陸前高田の実家のお寺が東日本大震災の避難所となった著者。震災後10年を迎える今、伝えたいこと。

書籍を購入する

シリーズ
対象
中学生〜
著者
千葉望
価格
1,300円+税
ISBN
978-4-652-20403-0
サイズ
四六判
発行
2020年11月
ページ数
184ページ
NDC
914
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有