株式会社 理論社

ファーブル ショートセレクション 昆虫記 すばらしきフンコロガシ

ファーブル ショートセレクション 昆虫記 すばらしきフンコロガシ

昆虫について、生きて動いているものの生態を辛抱強く観察しその意味を考えたファーブル。フンコロガシや狩りバチの仕事ぶりなど、ファーブルが本気で突き止めたもの、またその人物像にも迫れる五篇を「昆虫記」からセレクト。

編集者コメント

幼い時、光はどこで見えるのか?という疑問を持ったファーブルは、目か口か、何度も試したという。当たり前と思ってしまうのではなく自らの実験で確証を得たのだ。昆虫についてもその姿勢は変わらない。標本の形態を研究するのが昆虫学者の主な仕事だった時代に、地面に這いつくばって生きて動いているものの生態を辛抱強く観察した。「昆虫記」にはファーブルの、本当のことが知りたい突き止めたいという想いがほとばしっている。

書籍を購入する

シリーズ
対象
高学年~
著者
ジャン=アンリ・ファーブル
ヨシタケシンスケ
訳者
奥本大三郎
価格
1,430円 (本体1,300円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20413-9
サイズ
B6判
発行
2021年05月
ページ数
207ページ
NDC
486
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有