株式会社 理論社

あしたの幸福

あしたの幸福

父の死を受け、親戚の家に世話になりたくない雨音は、ふりきった選択をする。それは幼い頃に家を出た産みの母に保護者になってもらうこと。「利用」「生きる術」とわりきり、自分の居場所を守ろうとする彼女がさわる幸せとは?

編集者コメント

絶妙なバランスで人間関係を保っていると思っていた雨音。
父を亡くし、父の婚約者との微妙な関係が生まれ、生涯会うはずのなかった産みの母との生活が始まった。家族とも友達とも恋人とも違う、どんな名前もつかない間柄との日々の中で、本来交わらないはずだった関係は、彼女らだけの糸で鮮やかに紡がれていく。
人と人との物理的な距離に対する考え方が一変している今、心の「間合い」を描いた物語。
いとうみくの野間児童文芸賞受賞後、YA第一作。

書籍を購入する

対象
中学生〜
著者
いとうみく
松倉香子
価格
1,540円 (本体1,400円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20417-7
サイズ
B6判
発行
2021年02月
ページ数
287ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有