株式会社 理論社

こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ

こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ

──この森でもなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない、「こそあどの森」。
スキッパーが借りた本に挟まっていた、トワイエさんが子どものころの写真。いつどこで撮ったもの? スキッパーとふたごは、写真にまつわる話を聞きにトワイエさんを訪ねます。おとなたちにも子どものころがあったんだ!
とあらためて気づいて、次はトマトさん、ギーコさん、ポットさん、スミレさん……こそあどの森のおとなたちの話を順に聞かせてもらうと、どれも、とっておきの不思議なお話ばかり。「こそあどの森の物語」全12巻の番外編として書き下ろされた、シリーズ初の短編集です。

 

『こそあどの森の物語』シリーズについてはこちら

編集者コメント

番外編の執筆にあたり、作者はまず「こそあどの森」にくらすおとなたちの子ども時代のフォトアルバムをスケッチブック5冊にスケッチしました。おとなたち5人の個性豊かなパーソナリティがどのように育まれてきたのか──「こそあどの森の物語」への入り口になる一冊です。

書籍を購入する

対象
中学年~
著者
岡田淳
価格
1,760円 (本体1,600円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20429-0
サイズ
A5判
発行
2021年04月
ページ数
224ページ
NDC
913
備考

2021.5月22日 毎日小学生新聞で紹介されました。

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有