株式会社 理論社

妖怪一家の時間旅行

妖怪一家の時間旅行

ある新月の夜、妖怪一家の七人はピクニックに出かけます。
お弁当のおむすびが転がり、それを追ったやまんばおばあちゃんは穴の中にスッテンコロリンと落ち、消えてしまいます。
後を追った六人もいっしょになんと江戸時代の化野原に来てしまったのです。

編集者コメント

妖怪一家九十九さんシリーズの最終巻になります。
妖怪たちが団地住まいをはじめるずっとずっと昔の200年前、実は未来を決めるある出来事が起きていたのです。
ご縁とは面白いものです。

書籍を購入する

シリーズ
対象
中学年~
著者
富安陽子
山村浩二
価格
1,430円 (本体1,300円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20434-4
サイズ
A5変型判
発行
2021年06月
ページ数
166ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有