株式会社 理論社

少年時代 〜飛行機雲はるか〜

少年時代 〜飛行機雲はるか〜

昭和30年代の東北の町に暮らす少年たちの躍動感に満ちた一年間を描く。小学五年の明夫は友人と「三銃士」を結成し互いの忠義を誓う。そんな矢先、川遊び場を巡って隣町の子供会との争いが起き、町内のリーダーである中学生のもと決戦の準備が始まる……。初夏の決戦、夏の川遊び、秋の祭り、冬の砦の解体とリーダー交代……。小学生から中学生までの地域の子ども集団が生き生きと輝きを放っていた最後の世代に立ち会ってしまった著者による渾身の記録少年文学。

 

梨木香歩・解説

「継承されていく大将の器  ─日本の路地に、走り回る子どもたちがいた頃─」収録。

編集者コメント

野の植物を採って食べたり、木の杖やゴム鉄砲、更に本格的な望遠鏡や水中銃も作る、溢れるような自然描写の中、生き生きと遊ぶ子どもたちの手仕事も魅力のひとつです。

書籍を購入する

シリーズ
,
対象
中学生〜
作者名
塩野米松
松岡達英
価格
1,980円 (本体1,800円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20480-1
サイズ
四六判
発行
2022年03月
ページ数
416ページ
NDC
913
備考

2022年5月28日 毎日新聞で紹介されました

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有