株式会社 理論社

そらのゆうびんやさん

そらのゆうびんやさん

下界を旅立ったひとが憩う「そらのきっさてん」にやってきたのは郵便屋さん。下界と空とを行き来して、大切なお届け物を運びます。歌がふきこまれた貝殻、首輪についていた思い出のプレート…。どれもに想いがこもっています。

編集者コメント

「そらのゆうびんやさん」が運ぶのは、下界と空とをつなぐもの。たいせつなひとの旅立ちは、時にプツンと縁の糸を切られてしまったような心持ちにさせます。けれど、いっしょに生きていた時間は過去に変わってしまうのではなく、今にしっかとつながっていることが、郵便を受け取ったひとたちの表情で伝わってきます。具体的な感覚が薄れていったとしても、それは、やわらかく、そのひとの一部になっていった証なのかもしれません。

書籍を購入する

シリーズ
対象
低学年~
作者名
くまくら珠美
価格
1,595円 (本体1,450円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20523-5
サイズ
A4変型版
発行
2022年11月
ページ数
32ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有