株式会社 理論社

朝鮮通信使がやってくる 戦争から友好へ

朝鮮通信使がやってくる 戦争から友好へ

江戸時代、朝鮮から国王の名代として「通信使」とよばれる大使節団が、日本にやってきた。異国の人びとが、見慣れぬ衣装で、にぎやかな音楽を奏でながら、街道をすすんだ。通信とは、誠の気持ちを通わせること。つまり朝鮮通信使は、日本と朝鮮の誠心外交を象徴していた。朝鮮出兵によって生じていた敵対関係を終わらせ、ふたたび友好関係を築くために、両国のはざまで奮闘した人びとがいた。本書では、朝鮮通信使をめぐる歴史と事件をえがく。既刊「ものがたり日本 歴史の事件簿」シリーズ(理論社刊)を、イラストをあらたに再編集。

書籍を購入する

シリーズ
対象
中学年~
作者名
小西聖一
中山けーしょー
価格
1,980円 (本体1,800円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20535-8
サイズ
A5判
発行
2023年02月
ページ数
144ページ
NDC
210
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有