株式会社 理論社

赤穂浪士討ち入る 江戸をわかせた忠臣蔵

赤穂浪士討ち入る 江戸をわかせた忠臣蔵

元禄時代、江戸城が騒然とする事件がおこった。幕府の重要な儀式をとりしきっていた吉良上野介が、赤穂藩主の浅野内匠頭に、松の廊下で斬りつけられたのだ。その結果、上野介は一命をとりとめ、内匠頭は取り押さえられ切腹させられた。しかし、赤穂藩の家臣たちは、うらみを抱いたまま死んだという我らが殿の無念を晴らすため、仇討ち計画を練りはじめた・・・。「忠臣蔵」として現代まで語り継がれる江戸時代の大事件を物語る。既刊「ものがたり日本 歴史の事件簿」シリーズ(理論社刊)を、イラストをあらたに再編集。

編集者コメント

江戸時代の大事件といえば、これ!「忠臣蔵」としてさまざまな伝えられるこの事件の、ありのままの姿を、分かりやすく物語ります。

書籍を購入する

シリーズ
対象
中学年~
作者名
小西聖一
中山けーしょー
価格
1,980円 (本体1,800円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20536-5
サイズ
A5判
発行
2023年03月
ページ数
144ページ
NDC
210
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有