株式会社 理論社

ドーデ ショートセレクション 最後の授業

ドーデ ショートセレクション 最後の授業

その豊かな感受性で故郷プロヴァンスの風物を描いた、ドーデの短編16作を厳選。細やかな観察眼で客観性を追求しつつ、人間の弱さを深い情をもっていきいきとすくいあげた作品群は、今なお古びない。

収録作品
コルニーユ親方の秘密/スガンさんのヤギ/星/アルルの女/セミヤント号の最期/キュキュニャンの司祭/黄金の脳味噌を持った男の話/ビクシウの紙入れ/二軒の宿屋/ゴーシェ神父の薬用酒/三つのミサ/最後の授業/少年の裏切り/小さなパイ/フランスの魔女/ジラルダンが約束した三十万フランで/訳者あとがき

編集者コメント

豊かな感受性で故郷の風物を描いた作家・ドーデの、多彩な面が楽しめます。リアルさと客観性が、人間への深い情と手を繋ぎ、作品を厚くしています。本書の表題作でもある「最後の授業」は見解に誤解も多く、受け取られ方は変容をとげていますが、ひとりの少年の心の動きが、短いなかで豊かに表現されたひとつの作品として、鑑賞、対話してみてほしいと思います。

書籍を購入する

見開きイメージ
sample-1
sample-2
シリーズ
, ,
対象
高学年~
作者名
アルフォンス・ドーデ
訳者
平岡敦
ヨシタケシンスケ
価格
1,430円 (本体1,300円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20576-1
サイズ
B6判
発行
2024年03月
ページ数
223ページ
NDC
953
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有