株式会社 理論社

椋鳩十の作品

椋鳩十の作品

椋鳩十(むくはとじゅう)

1905年長野県生まれ。法政大学卒業。受賞歴に『片耳の大鹿』で文部大臣奨励賞『孤島の野犬』でサンケイ児童出版文化賞・国際アンデルセン賞(国内賞)『マヤの一生』『モモちゃんとあかね』で赤い鳥文学賞・児童福祉文化奨励賞、<母と子の20分間読書運動>でモービル児童文化賞など。1987年没。

えほん・椋鳩十

狩人と雁の、敵味方の関係をこえた、あつい交わりをえがいた『大造じいさんとがん』をはじめとし、作家・椋鳩十は、力いっぱい今を生きるものたちの命を全力で描き続けた。その名作の数々を低年齢から味わえるように、気鋭の画家が絵で応え絵本化したシリーズ。

大造じいさんとがん
大造じいさんとがん
藤吉じいとイノシシ
藤吉じいとイノシシ
かたあしの母すずめ
かたあしの母すずめ
母ぐま子ぐま
母ぐま子ぐま
ひとりぼっちのつる
ひとりぼっちのつる
サイズ:
A4変型判
対象:
小学校低学年から

椋鳩十名作選

大自然を舞台に人と動物の共生物語を描く椋鳩十の代表選集。生きるものの尊さ、家族の絆、戦争の残酷さを動物を通し端的に描く。教科書や家庭で長年読み継がれ、古びることのない名作集。

大造じいさんとガン
大造じいさんとガン
山の太郎グマ
山の太郎グマ
金色の足あと
金色の足あと
アルプスの猛犬
アルプスの猛犬
片耳の大シカ
片耳の大シカ
モモちゃんとあかね
モモちゃんとあかね
マヤの一生
マヤの一生
サイズ:
A5変型判
対象:
小学校中学年から

椋鳩十まるごと動物ものがたり

椋先生のふる里は信州伊那谷と九州鹿児島の二つです。この地方での体験と見聞に根ざして香り高い動物文学が生まれました。このシリーズでは、それぞれの動物ごとの物語をまとめました。椋先生の深い観察力と動物への愛情を広角的に読みとってください。

(1) 椋鳩十の名犬物語
(1) 椋鳩十の名犬物語
(2) 椋鳩十の愛犬物語
(2) 椋鳩十の愛犬物語
(3) 椋鳩十の野犬物語
(3) 椋鳩十の野犬物語
(4) 椋鳩十のネコ物語
(4) 椋鳩十のネコ物語
(5) 椋鳩十のクマ物語

(5) 椋鳩十のクマ物語
(6) 椋鳩十のキツネ物語

(5) 椋鳩十のクマ物語
(7) 椋鳩十のイノシシ物語

(7) 椋鳩十のイノシシ物語
(8) 椋鳩十のシカ物語

(8) 椋鳩十のシカ物語
(9) 椋鳩十のサル物語

(9) 椋鳩十のサル物語
(10) 椋鳩十の小動物物語

(10) 椋鳩十の小動物物語
(11) 椋鳩十の野鳥物語

(11) 椋鳩十の野鳥物語
(12) 椋鳩十の小鳥物語

(12) 椋鳩十の小鳥物語
サイズ:
A5変型判
対象:
小学校中学年から
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有