株式会社 理論社

荻原規子の源氏物語

読みやすく、物語を3つの系統にわけて再構築。
世界最古の長編小説は面白い!

荻原規子の源氏物語

長く丁寧に語るならどんなにも長くなる現代語訳を、この規模で語り収めるためには、さまざまな断念と諦めがあったはずであるが、そうした苦渋を感じさせない、なめらかで、やさしく、親しみやすい現代語訳である。こうした安定した調子で源氏物語を気負いなく訳しきる胆力、エネルギー、自信に裏付けられた判断力に改めて敬意を表したい。

国文学者・フェリス女学院大学名誉教授

三田村雅子
(「つる花の結び 下」巻末「荻原源氏の挑戦」より)

つる花_投げ込み表
つる花_投げ込み表

紫の結び」・・・・・・・・・

メインストーリーとなる光源氏、藤壺の宮、紫の上の一生が一気に読める。⇒

つるの花の結び」・・・

中流階級の女人たちとの逢瀬から始まり、<玉鬘十帖>へと続く物語。⇒

宇治の結び」・・・・・・・

<宇治十帖>で知る、源氏の孫たちが主人公となった新たな恋の物語⇒

つる花_投げ込み表

紫の結び(一~三巻)

藤壺の宮から紫の上の流れを中心に、源氏の晩年までを一気に。

紫の結び 一
紫の結び 一
紫の結び 二
紫の結び 二
紫の結び 三
紫の結び 三

つる花の結び(上下巻)

若き源氏と“中の品”の女人たちとの逢瀬。それは六条院の優雅“玉鬘十帖”へとつながっていく。

つる花の結び 上
つる花の結び 上
つる花の結び 下
つる花の結び 下

宇治の結び(上下巻)

源氏亡き後、孫世代の物語。宇治の地でくりひろげられる、ドラマチックな恋。

宇治の結び 上
宇治の結び 上
宇治の結び 下
宇治の結び 下
対象
小学校高学年,中学生〜,一般
著者
紫式部
訳者
萩原規子
各定価
(本体1,700円+税)
サイズ
四六上製
平均ページ数
352ページ
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有