ホーム イベント・ニュース

「こそあどの森の物語」完結記念 岡田淳さんトークセッション&サイン会

◆イベントレポート 

3月10日、岡田淳さんのトークセッションが行われました。
岡田さんは、物語が出来る前に、登場人物一人ひとりの名前、性格、持ち物、住む家などを設定し、
スケッチブックに描いていらっしゃいました。
スキッパーは、最初しっぽがあったこと、トワイエさんの名前は、最初 J.ウノカタさんだったこと等
貴重なお話をうかがいました。

第1話が、雪野原を歩く郵便配達のドーモさんの場面から
始まることは、最初から決めていらしたのだそうです。

「語って演じ、歌って踊る」ミュージカルを公演するカンパニー、
ガンスミスさんによる各巻の名シーンの再現と、岡田さんの解説という、とても贅沢なトークセッションでした。

「岡田先生は、こそあどの森のどの家に住みたいですか?」というお子様からの質問に、にこやかに、丁寧にお答えくださったり、会場に入りきれないほど、たくさんお集まりいただいたこそあどファンの皆様は、物語の世界にたっぷりと浸っていました。

◆下記のイベントは終了しました。 

「こそあどの森の物語」は、
「この森でもなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない」
という言葉と共に1994年「ふしぎな木の実の料理法」からスタートし、
以後22年もの間、子どもから大人まで多くの読者に愛されてきました。
最終巻となる「水の森の秘密」の刊行とシリーズ完結を記念し、
作者岡田淳さんのトークセッション&サイン会が、
ジュンク堂書店池袋本店にて実施されます。

水の森の秘密

「こそあどの森の物語」の誕生秘話や、
森に住む個性的な住民たちについて、物語を作る楽しさ、
シリーズに隠されたエピソードなど、貴重なお話をしていただきます。
皆さま、是非ご参加ください。

詳しく チラシをご覧ください。

チラシをダウンロードする

こそあどの森の物語 既11巻

ふしぎな木の実の料理法

まよなかの魔女の秘密

森のなかの海賊船

ユメミザクラの木の下で

ミュージカルスパイス

はじまりの樹の神話

だれかののぞむもの

ぬまばあさんのうた

あかりの木の魔法

霧の森となぞの声

水の精とふしぎなカヌー