株式会社 理論社

西遊後記 二 芳の巻

西遊後記 二 芳の巻

最近、長安の都では、人がつぎつぎ消えるという。

そんなうわさを耳にした孫悟空は、都で経を訳している三蔵法師のことが気がかりだった。

そこで奇妙な事件の、真相をつきとめようと長安に向かった・・・。

あの「西遊記」の、その後を語るミステリー・アドベンチャー「西遊後記」第二弾!

編集者コメント

この作品は、呉承恩の『西遊記』をもとに独自の視点で書き直した斉藤洋の「西遊記」シリーズの外伝として、新たに創作されたものです。天竺への旅を終え、長安に戻ってからの孫悟空と三蔵法師の物語。毎回、奇妙な謎を解くミステリー風の連作です。

書籍を購入する

シリーズ
対象
高学年~
著者
斉藤洋
広瀬弦
価格
1,650円 (本体1,500円 + 税10%)
ISBN
978-4-652-20015-5
サイズ
A5変型判
発行
2014年04月
ページ数
208ページ
NDC
913
  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
  • LINEで共有
  • mailで共有